付箋紙的諸行無常

日常のあれこれの深いところまで|だいたいノンフィクションです|w80.jp

データベーススペシャリスト試験の受験申込みをしました ~平成31年度春期~

元エンジニアの端くれとしてどうしても気になる情報処理技術者試験営業マンの分際で応用情報技術者試験に合格したところで妙な自信がつき、或いは、学生時代に曲がりなりにもデータベースを専攻した身としては、何が何でもどうにかしてデータベーススペシャリスト試験に合格したい!……と思うんです。

やっぱり思い出してしまうんですよ、学生時代のことや、ゼミで指導教員が言った「学生のときにDBの試験に受かったのは、いなかったねぇ」「卒業してから受かった連中は、何人いたかな? 少ないよ」などなどの言葉を。

受験申込開始日の今日 (に草稿を書いたんですよ。1月10日のことです。)、情報処理技術者試験の受験料を支払い、願書を郵送してきました。どうして郵送かって、これまでIP・FE・APに合格したときは (インターネット申込みではなくて) 手書きで願書を書いて郵送だったので。ただそれだけです。今回もそれに倣って手書き・郵送で。こりゃあもう殆ど願掛けみたいなもんなんですが、そういうところで調子狂わせたくないので……。

受験ガイド&願書は配布日の1月7日に入手済みで、その日のうちに (提出日の欄以外は) 書いておきました。で、郵便局で受験料支払い後、封入封緘前に提出日を書いたんです。ちゃんと記入要領をチェックして、西暦で書きましたとも。

2018 年 1 月 10 日 提出

いいですか?

2018110 日 提出

気付かないんですよ。郵便局の中でこれを書いて、自分で二度確認してようやく気付きましたから。危なかったわ。人間ってこんなもんです。

それで、数秒悩んでこうなりました。

2019
2018110 日 提出

押印箇所なんてありませんからね、たぶん二重線で何とかなるんじゃないでしょうか。ちなみに簡易書留郵便の配達状況をみますと、明日あたりにIPAに願書が着くようなので、まぁ、最悪の場合でも何かあったら電話くるでしょうし、これで良しとします。えぇ、試験当日のマークミスとかの類ではないから良しとしましょう。良い勉強になりました。

こりゃあもう先が思いやられますが (自分で言うな)、ぼちぼちやっていきましょう。
我々が過ごす "時" の流れには無駄なものはありません。"よい加減" に!

 

関連記事

w80.hateblo.jp