付箋紙的諸行無常

日常のあれこれの深いところまで|だいたいノンフィクションです|w80.jp

平成30年 (2018年) を振り返る

年が明けて平成31年になってからもうすぐ半月も経とうとしているのですが、今更ながら去年を振り返っていこうという自己満足記事です。何卒、なにとぞ……。

 

喪が明けた

札幌や千葉や福岡に親戚がいる関係で、一周忌法要は雪もない (か、あってもそんなんでもない) 11月初旬の連休初日に行なうことに。
「もう一年経つんですねぇ」と話しつつも、悲しいことがあれば嬉しいこともあるもので、佳い話題の "ご発表" が2件+αあり、法事後の食事の時間は、なんだかお祝いムードに包まれました。諸行無常を感じます。

とはいえ、やはりちゃんと一年が経たないと落ち着かないもので、12月15日土曜日、その日の朝早くにお寺さんが来られて (うちは士別の寺のとこの門徒なんだけど、遠いので当地のお寺Aかお寺Bの人が来られる) 「一年経ちましたねぇ」など話し、いつものとおり、お正信偈をおつとめする。勤行後、曰く「いやぁ、皆さんおつとめ上手ですねぇ! うちの若いのなんか、恥ずかしくて来させられないわ!」と。いやいや、とんでもない、恐縮恐縮。でももしかして、亡くなった祖父が遺してくれた一番大事なものって、みんなで揃って仏壇・御本尊に迎えるこういったことなのかもしれないなぁ。

そのほかのこととしては

某メーカーの営業成績のことで表彰を受けた

いわゆる「新人」の部類に入る年数でしたので、そこで全道で競い合うのですが、2位でした*1。とはいえ、順位には初めから拘っていたわけでもなく、お客さんから頂いた賞・表彰ですので、謙虚に愚直に誠実に、これからも努力していきたいと思っています。

忙しくても、仕事がうまくいかなくても、感謝の気持ちに立ち戻れる”もの・こと”がひとつ増えました。本当に、ありがたい限りです。

ちなみに副賞でギフト券を頂戴しましたが、某Z眼鏡チェーン店で眼鏡を新調し、毎日使っています。ここはやっぱり、身につけるものじゃないと、ね。

書道・短歌・吹奏楽ともに続いています

一時は色々どうなるかと思いましたが、負荷をかけない方法を模索しつつ、常に Try & Error と PDCA って感じで要は四苦八苦なんですが、どうにか続いています。周りの環境にとっても恵まれているように感じます。有難い。

ちなみに去年12月は学生時代以来でまともにDrumsを叩きました。7年振りだろうか? 練習では結構ガチガチだったんですが、本番は程よい緊張のなかで愉しく演れてよかった。

ちなみに(その2)Kitaraには13年振りで載りました*2Kitaraの大ホールで楽しみながら余裕をもって演奏できたのは初めてだったなぁ。練習の大切さが身に沁みました。

そういえばステージ上でよく手汗をかくようになった。昔は本番前といったら便秘だったんだけど、いつの間にか手汗に。もう何度バチ滑らしそうになったことか。これはもう場数こなすしかないだろうなぁ。

データベーススペシャリスト試験は落ちました

ので、これは今春再チャレンジです。

今年の抱負・目標など

平成31年度 (2018/09~2019/08) 実践目標 (引き続き)

人の喜びを我が喜びとし 真心を込めた生活を送ります

平成31年 指針

継続し反復させる

抱負・目標

本年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

関連記事

*1:ちなみにトップの方とは年齢差がかなりあり、 同業他社の諸先輩方には「事実上新人トップ」と言って頂けましたが……素直に有難く受け止めさせて頂きます。

*2:今回載ったのは北海道吹奏楽コンクール。その前に載ったのも北海道吹奏楽コンクール。当時は高校A編成、ドビュッシーの「海」とか演りました。