読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

付箋紙的諸行無常

だいたいノンフィクションです

日商簿記2級に独学で一発合格した話

はじめに:

2016年2月28日に日商簿記2級 (第142回試験) を受験し、合格しました。約8か月遅れですが、誰かの参考になればいいなと、そのときのメモを残しておきます。

ちなみに日商簿記2級はこれまで (~第140回) 合格率が25~35%程度で推移していましたが、第141回・第142回試験の合格率が一気に11.8%・14.8%にまで下がりました*1。地獄回でした。第3問あたりにわけわからん科目もあったぞ。

使用した教材

INPUT系

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 (TAC出版)
スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 (TAC出版)

(前回同様旧版がブックオフで各冊100円だったのでつい。)

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

 
スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

簿記検定ナビ - 日商簿記検定2級・仕訳問題対策

第100回以降の第1問 (仕訳問題) の類題・解答がずらーっとPDF形式で公開されています。結構お世話になりました。簿記の基本はやっぱり仕訳! (この段落、二文字以外前回のコピペです。)

弥生カレッジCMC 日商簿記2級対策フリーテキスト講座+ニコ生

日商簿記2級の無料講座です!「フリーテキスト」というのは、どんなテキストを使っていてもOK、ということで、「スッキリ」でも「サクッと」でも「簿記の教科書」でもOK。YouTubeで公開されている動画を視聴するかたちになります。レジュメもPDFで公開されています。

フリテ講座を使った勉強は、自分の (手許の) テキストを読む→フリテ講座の動画を視る→テキストの問題or過去問を解く、という流れです。

ちなみに、週に一度ニコ生で公開質問会もされていますので、わからないところはそこで訊く、なんてこともできます。(ちなみに、試験前夜のニコ生SPで取り上げられた項目は試験にバッチリ出る……というジンクス?があります……)。

OUTPUT系

OUTPUT系は「スッキリ」の章末・巻末問題のほか、前回の反省 (笑) を活かし、合格するための過去問題集 を何周かしました。工業簿記で「ちょっと解説薄いんじゃないの?」と思う箇所が少しだけあったほか、解説もしっかりしていて使いやすかったです。

合格するための過去問題集 日商簿記2級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記2級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

 

それから情報冊子と予想問題集ですが、当時はこんなもの不要と思ってもいなかったので買っちゃいました、「無敵の簿記2級 直前総まとめ」と「TAC 直前予想 日商簿記2級」。しつこいようですが前回の反省を活かせなかったのでまた書きますが、予想問題集は日商簿記2, 3級では不要です。マジで。

第144回をあてる TAC直前予想 日商簿記2級

第144回をあてる TAC直前予想 日商簿記2級

 

勉強期間・勉強時間

勉強期間:2015/11/16*2~2016/02/28 (当日の午前も勉強していたので104日間 (3か月+12日間)です)

勉強時間:125時間59分でした。<ここからほぼコピペ>一日約1.2時間平均になりますが、休んだ日もあれば、図書館に8時間カンヅメした日もあります。コレ、平均値を求めちゃいけないパターン。</ここまでほぼコピペ>

感想

面倒なので箇条書きで書く。

  1. 仕訳ができなきゃT/BもB/SもP/Lも何もできない
    社債と消費税にだいぶ悩まされました。図も解説も何度書き写したかわからないくらい「写経」しました。
  2. 勘定連絡図がわからなけりゃ工業簿記は何もできない
    CMCの無料講座で言われたとおり、紙に書いて (私はPowerPointで図を作り) 机の前とトイレに貼っていました。
  3. とにかく仕訳と過去問が大事
    突拍子のない問題がたま~に出ますが (※出ました。後述)、基本は過去問の焼き増しですから、問題演習は過去問中心が最適最良と思います。
  4. 本試験の問題文中のわからない文言・科目は無視する。
    たしか第142回の第3問だったと思いますが、見たこともない勘定科目 (ナンチャラ法人税うんたらかんたら) が出ました。その問題は最終的に当期純損失が出るという見たこともない問題だったのですが、その2つの値が求められなかったとしても4点くらい損しただけなので、あんまり気にしないようにしました。
    それから同じく第142回の第4問だったと思いますが、見たこともない文言がありました (標準原価計算のシュラッダー図のどったらこったら)。まぁ捨てても2点か3点なので気にしないようにしました。
  5. 日商3級同様、予想問題集はいらない。あれは過去問を難しくした類題の詰め合わせであって、第1予想から第4予想までを合わせると試験範囲のほとんどが入っているという都合良いスバラシイ出来になっています。
    (ただ、講師からのメッセージ的なものや、メモ用紙の使い方くらいは参考になりますが。というかぶっちゃけその「知っトク情報」的なものを狙って買ったのですが。) (※冒頭7文字以外すべて前回のコピペでお送りしました。)

まとめ

  • INPUTのテキストは何でもよし。CMCの無料講座にはとってもお世話になりました!
  • OUTPUTは仕訳・過去問中心に。予想問題集不要。過去問題集は必須 (でもやっぱり私はTAC派)。