付箋紙的諸行無常

だいたいノンフィクションです

『仏さまのお弟子になる』を読んだ

藤井善隆 著『仏さまのお弟子になる ―帰敬式を受けて始まる歩み―』(伝道ブックス 79、東本願寺出版 (真宗大谷派宗務所出版部)、2017) を読んだ。

……と書いていることからお察しのとおり、あるいは公言しているとおり、門徒なのです。

帰敬式を受ける予定なんぞはないのですが (いずれ時機がきたら受けるのだろうけれど)、ちょっと気になって読んでみました。小冊子のような形状なのですが、ISBNも振られています。念のため。

お話しは「三帰依文」の『人身受け難し……』のところから始まり、縁のこと (因縁・宿縁・縁起)、三悪趣 (地獄・餓鬼・畜生)、六道のこと、外道のこと、お正信偈からは『一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願』について、等々。

以下、個人的に気になった・気に入った・しっくりきた文言を挙げてみます。

  • 我々は生まれた時は、生と死とを一つにしてオギャーオギャーと純粋に素直に命そのものを生きてきておりました。それこそ無限の命の大きな世界の中、親の懐に抱かれて、ありのままの与えられた命を、文句も不足も言わずに受け入れていきていたはずです。
  • この「私」を中心にしますと、必ず他と対立します。
  • 人生は外道という道に立ったらぐるぐる回るだけです。……都合の良いほうが方向になるので、結局は身の安んずるところがどこにもない。
  • 実は我々、みんなこの環状線 (※外道に立ちぐるぐる回るので大阪の「環状線」に譬えている) に乗っているのです。乗っていない人は一人もおりません。
  • 我々は縁が整ったらどんなことでも行い、どんな目にも遭わなければならない
  • 如来の世界を、我々に見える姿で表してくださったのが、まさに、「三帰依文」にある仏・法・僧なのです。

昔私が相当病んでいたときに、『人身受け難し、いますでに受く。』のその一文に、妙にホッとしたというか、なんというか、そんな感情を抱いたことを覚えています。まだ、お寺の前住さんが生きていらっしゃった頃ですから、たぶん10年くらい前だと思います。

三帰依文』を以下に示します。為念。

人身(にんじん)受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。
この身今生(こんじょう)において度せずんば、さらにいずれの生(しょう)においてかこの身を度せん。
大衆(だいしゅう)もろともに、至心に三宝(さんぼう)に帰依し奉るべし。

自ら仏に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大道(たいどう)を体解(たいげ)して、無上意(むじょうい)を発(おこ)さん。
自ら法に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、深く経蔵(きょうぞう)に入りて、智慧(ちえ)海(うみ)のごとくならん。
自ら僧に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大衆を統理(とうり)して、一切無碍(いっさいむげ)ならん。

無上甚深(じんじん)微妙(みみょう)の法は、百千万劫(ごう)にも遭遇(あいあ)うこと難し。
我いま見聞(けんもん)し受持(じゅじ)することを得たり。願わくは如来の真実義を解(げ)したてまつらん。

先月の購書 (2017年5月)

月次更新としたいところですが、ほとんど本を買っていません。

 

先日、ブックネットワンで有川浩の小説を2冊。

有川浩: "阪急電車" 幻冬舎文庫 (2010).

阪急電車 (幻冬舎文庫)

阪急電車 (幻冬舎文庫)

 

帰ってから気付いたのですが、これを買うのが三度目で、本棚にすでに二冊ありました。そんなことをFacebookに書きましたら知人から声をかけていただきましたので、一冊はその方にお譲りします。

 

有川浩: "キケン" 新潮文庫 (2013).

キケン (新潮文庫)

キケン (新潮文庫)

 

ちゃんと、読んだことがない本も買っていてよかった(という謎の安堵感)。

5月は以上。

先月の購書 (2017年4月)

恒例の月次更新を前にして筆者はまったく予期していない事態に遭遇しているのである。「恒例」或いは「月次」と自ずから記しておきながら、そのお決まりの文句を使えない事態に遭遇した。

すなわち、

先月本買ってなかったはwwwww

 

ー以上ー

大型連休ed

今年もゴールデンウィークが終わる。札幌に住んでいた頃はシフト制勤務がほとんどだったから、暦通り堂々と五連休もしたのは社会人になってから初めてかもしれない。

3日はゴロゴロ、4・5日は札幌へ、で6・7日もただゴロゴロして過ごした。療養中だった頃のことを思い出すくらいのゴロゴロ具合で、明日からまた社会の荒波に漕ぎ出していけるのかちょっと不安ではある。もっとも、年末年始の12月31日から1月3日の休みより多く休んだという現実を未だ受け入れられないのだが。

・・・・・・

4日、13年振りに札幌ドームで野球を観た。13年振りってことはドームがオープンしたその年で、中学の修学旅行がちょうどホーム戦と重なったんだっけ。あのときは内野側レフト、今回は外野側ライトで真逆の位置になった。野球好きの知人にあれやこれやとお世話になった。8回表はだいぶ心臓に悪かったけど*1勝ち試合でまずよかった。昼のビールはまわるからよくない。試合後はだいぶ長い時間すすきのの居酒屋で飲んでた。

空調の集中管理中で暖房しかつかないホテルに一泊。いや空調以外はまことに申し分なかったのでそこだけ残念でした。窓を開けたのが深夜1時、それでも眠れなくて結局1時間半だけ眠り朝活へ。

翌5日は初めて北海道書道展を観に行く。札幌パークホテルといい、札幌市民ギャラリーといい、その展示作品数に驚く。来年からは一会場あたり半日ないし一日はみておくことにしたい。

知人と会い少し駄弁って16時に札幌発。行きと同様にR275~北竜から留萌まで深川留萌道~日本海側沿い~天塩から幌延に抜けてR40、のルートだったんだけど、超眠くなるゾーンの札幌~碧水間で例によって睡魔にやられ、月形のコンビニでちょっとだけ仮眠。運転しながら無意識のうちに呼吸が睡眠時のそれに近付いていくのは恐怖でしかなかった。

*1:押し出しで2点入れられるってどういうこっちゃ。

こんにちは28歳

またひとつ歳をとりました。28歳。またひとつ、見た目年齢と実年齢とが近くなりました*1

バシッと4時半過ぎに目が覚めたと思ったのですが、その後しっかり二度寝をしてしまい、7時半頃に何とも言えぬモヤモヤを抱えて起き上がった私を待っていたのは週の始めのあのドタバタでした。

繁忙期もそろそろ落ち着いたかと思ったのですが、有り難いことに鳴りやまぬ電話、入り続ける商品。入荷、検品、入荷、検品、納品書起票、納品書起票、請求書作成、そして検品、さらに起票、アー納品行かないば~~。……と、慌ただしさを感じながら仕事をやっていれるだけ幸せかもしれません。

さて、オンラインでは幾人もの方から「おめでとう」の言葉を、幼馴染から大学時代の恩師、はたまた前の職場の人からも頂戴しました。ありがとうございます。

「こんな28歳になってやる」というような目標を立てる余裕もなしに、目の前のことをこなすだけで精一杯の状況なので、欲を張らずに我がままにならずに生きていけたらなあと思っています。
……などとのたまおうとしていたのですが、昼にNHK-FMから流れてきたブラームス交響曲第1番、なかなか良いなぁと聴いていたのも束の間、第4楽章のあのテーマはテンポ速いわ、ティンパニの音はベロンベロンに聴こえるわ「なんじゃこりゃー!」と早速我がまま全開で先が思いやられます。我ながら。

というわけで、こうなったらもう我がまま放題ぶっ放って筆を擱きたい*2と思いますが、28歳、あるいは平成29年の残りの目標としまして;

  1. 応用情報技術者試験を7度目*3の正直で合格する (試験日: 10月15日*4 )
  2. 朝起きの生活に戻す (4時から5時までに起きる)
  3. "つながり" を大切に (家族とか友人とかお客さんとか)

の三本です。

あまり期待されると日本の夏キンチョーしますので、これまでと同様そっと見守って頂ければとおもいます。

今後ともよろしくお願いいたします。

*1:きっと35か38くらいでイコールになると思います。

*2:もしかして:キーボードから指を話したい。

*3:二度受けた高度試験 (DB) を含んでカウント。APのみだと5度目の受験。

*4:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 試験実施案内 : 平成29年度秋期試験について

今月の購書 (2017年3月)

月次更新のはずがすっかり忘れてましたの巻。だって本買ってないんだもーん。

20170325

でまぁコレしか買ってません。

  • 【完全ガイドシリーズ168】 文房具完全ガイド (100%ムックシリーズ)
  • 文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

かんっぺき「お勉強用」ですねー。ぼちぼち読んでいきます。

文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

 

第79回販売士2級検定試験 合格しました

以前受験した販売士検定ですが、無事合格していました。

w80.hateblo.jp

ユーキャンの速報では394/500点でしたが、結果は;

  1. 小売業の類型:89点
  2. マーチャンダイジング:74点
  3. ストアオペレーション:83点
  4. マーケティング:76点
  5. 販売・経営管理:78点
  • 5科目平均点:80.0点 (=合計400/500点)

ということで無事に合格できました。

翌日には結果通知が届き、合格証書&認定証は3月30日に届いたのでした。

ちなみに計算問題には最後まで悩まされたのですが、例によって弥生カレッジCMCさんの無料講座に助けられました。ビジネス会計検定2・3級の内容の一部が対応していますので、念のため。

www.kaikei-soft.net

あまり「受かったあああああ!」というような実感もなく*1、MS 明朝で刷られた合格証書を見て「あぁ……」、認定証を眺め「そうかぁ、販売士かぁ」というような感じです。営業・販売の自信が増したかと言えばそうでもなく、営業成績が好調かと言われれば如何とも言えず。

「ちょっとした知識」は増えるにしても、それを現場でどう活かすかは自分次第なんだなぁと感じています。理論や学説だけじゃ現場で動けないので、良い方向に仕事に活かしていかなきゃなぁと。

*1:日商簿記2級とか全経簿記1級とか基本情報とかのときは、飛び上がるくらい嬉しかったのになぁ。