読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

付箋紙的諸行無常

だいたいノンフィクションです

こんにちは28歳

またひとつ歳をとりました。28歳。またひとつ、見た目年齢と実年齢とが近くなりました*1

バシッと4時半過ぎに目が覚めたと思ったのですが、その後しっかり二度寝をしてしまい、7時半頃に何とも言えぬモヤモヤを抱えて起き上がった私を待っていたのは週の始めのあのドタバタでした。

繁忙期もそろそろ落ち着いたかと思ったのですが、有り難いことに鳴りやまぬ電話、入り続ける商品。入荷、検品、入荷、検品、納品書起票、納品書起票、請求書作成、そして検品、さらに起票、アー納品行かないば~~。……と、慌ただしさを感じながら仕事をやっていれるだけ幸せかもしれません。

さて、オンラインでは幾人もの方から「おめでとう」の言葉を、幼馴染から大学時代の恩師、はたまた前の職場の人からも頂戴しました。ありがとうございます。

「こんな28歳になってやる」というような目標を立てる余裕もなしに、目の前のことをこなすだけで精一杯の状況なので、欲を張らずに我がままにならずに生きていけたらなあと思っています。
……などとのたまおうとしていたのですが、昼にNHK-FMから流れてきたブラームス交響曲第1番、なかなか良いなぁと聴いていたのも束の間、第4楽章のあのテーマはテンポ速いわ、ティンパニの音はベロンベロンに聴こえるわ「なんじゃこりゃー!」と早速我がまま全開で先が思いやられます。我ながら。

というわけで、こうなったらもう我がまま放題ぶっ放って筆を擱きたい*2と思いますが、28歳、あるいは平成29年の残りの目標としまして;

  1. 応用情報技術者試験を7度目*3の正直で合格する (試験日: 10月15日*4 )
  2. 朝起きの生活に戻す (4時から5時までに起きる)
  3. "つながり" を大切に (家族とか友人とかお客さんとか)

の三本です。

あまり期待されると日本の夏キンチョーしますので、これまでと同様そっと見守って頂ければとおもいます。

今後ともよろしくお願いいたします。

*1:きっと35か38くらいでイコールになると思います。

*2:もしかして:キーボードから指を話したい。

*3:二度受けた高度試験 (DB) を含んでカウント。APのみだと5度目の受験。

*4:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 試験実施案内 : 平成29年度秋期試験について

3月の購書

月次更新のはずがすっかり忘れてましたの巻。だって本買ってないんだもーん。

20170325

でまぁコレしか買ってません。

  • 【完全ガイドシリーズ168】 文房具完全ガイド (100%ムックシリーズ)
  • 文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

かんっぺき「お勉強用」ですねー。ぼちぼち読んでいきます。

文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2017 (扶桑社ムック)

 

第79回販売士2級検定試験 合格しました

以前受験した販売士検定ですが、無事合格していました。

w80.hateblo.jp

ユーキャンの速報では394/500点でしたが、結果は;

  1. 小売業の類型:89点
  2. マーチャンダイジング:74点
  3. ストアオペレーション:83点
  4. マーケティング:76点
  5. 販売・経営管理:78点
  • 5科目平均点:80.0点 (=合計400/500点)

ということで無事に合格できました。

翌日には結果通知が届き、合格証書&認定証は3月30日に届いたのでした。

ちなみに計算問題には最後まで悩まされたのですが、例によって弥生カレッジCMCさんの無料講座に助けられました。ビジネス会計検定2・3級の内容の一部が対応していますので、念のため。

www.kaikei-soft.net

あまり「受かったあああああ!」というような実感もなく*1、MS 明朝で刷られた合格証書を見て「あぁ……」、認定証を眺め「そうかぁ、販売士かぁ」というような感じです。営業・販売の自信が増したかと言えばそうでもなく、営業成績が好調かと言われれば如何とも言えず。

「ちょっとした知識」は増えるにしても、それを現場でどう活かすかは自分次第なんだなぁと感じています。理論や学説だけじゃ現場で動けないので、良い方向に仕事に活かしていかなきゃなぁと。

*1:日商簿記2級とか全経簿記1級とか基本情報とかのときは、飛び上がるくらい嬉しかったのになぁ。

第79回販売士2級検定試験 受験しました

2017年2月15日、朝イチからちょいと大掛かりな納品、というよりもはや工事なのだが、その開始に際し立ち合い、バタバタとルート営業をこなして急いで昼飯をかき込み、商工会議所へ向かう。

f:id:tmaruko:20170301033227j:plain

商工会議所の議員さんたちの会合も同じ日に行われていたようで、何やら賑やかな様子。ひとまず2階への階段をあがると、職員さんから「ア、㋙さんですか」などと言われ少々驚く。受験者が少ないからきっと名字くらい覚えているのかも知れない。

と思ったも束の間、「1級受験の方がいらっしゃって、同じ部屋での受験となりますので」とか2級受験者が仰天するようなことをのたまった。案内された部屋へ行ってみると……

f:id:tmaruko:20170301033230j:plain

というような状態で、左側の会議用テーブルの向こう側が受験番号1番の若者で (運転免許証が緑色だったぞ!)、手前が私、そして右側の1名が1級ということになる。果たして3級の受験者がいたかどうかはわからないが、何とも言い表せぬ「レベルの差」を感じる場ではある。

受験者が少ないため、会議用テーブル1本を一人で占有できるのは僻地受験者の特権かも知れないが、さみしい感じもする。

試験は定刻どおりに(1)小売業の類型、(2)マーチャンダイジングと滞りなく進み、1番の若者も2番の私も30分余り経った13時35分頃に解答出来。いけしゃあしゃあと答案用紙を提出すると試験監督の職員氏 (先ほどいきなり名字で方と同じ) が「後半は14時40分開始です」と仰る。すなわち、待ち時間1時間5分。換言すれば待ち時間65分

5科目のすべてを合わせて2時間半・150分の試験、どうにか一気に「通し」で行うことができないものか……。情報処理技術者試験の150分×2 (午前・午後) に慣れてしまった身としては少々この「ゆとり」に戸惑う。

仕事の電話をしたりテキストを読んだりテキストではない本を読んだりしながら煙草を吸っていたら後半開始時刻になったので着席。

こちらもササッと解き終えて、あっという間に (※待ち時間除く) 試験終了。その後急いで納品現場に戻ったのでありました。

ちなみに1枚目の画像でお分かりのとおり同フロア (というより隣室) で会合が開かれており、前半試験は隣室のマイクからの声に集中力を相当削がれながらの受験と相成った。「本日は皆様お忙しいなか~」の挨拶とか、どわっはっは!とか笑いの声のなかで受験するってぇのは、いろいろ、いろいろな思いが募ります。検定試験日は年度初めよりも前に判明しているのだから、そのあたり、地元商工会議所側にはどうにかして頂きたい。

さて、ユーキャンの解答速報で採点してみましたところ、こんな結果でした。

  1. 小売業の類型 89点
  2. マーチャンダイジング 74点
  3. ストアオペレーション 83点
  4. マーケティング 73点
  5. 販売・経営管理 75点
    →合計394点

そういったわけでマークミスがない限りは合格していそうです。ちなみに答案提出前に見直しましたらマーケティングの問題のなかでダブルマークがありましたので、3月13日の合格発表日まで油断はできません。

今月の購書 (2017年2月)

今月は末日に記事を書けたゾ! ちなみに読んでいる時間があるのかというと、我々の業界スーパー繁忙期に突入しておりまったくありません。主に心の余裕が。

20170205

  • 青木冨貴子: "731 ― 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く", 新潮社, 新潮文庫 (2008).
  • NHK東海村臨界事故」取材班: "朽ちていった命:被曝治療83日間の記録", 新潮社, 新潮文庫 (2006).
731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く (新潮文庫)

731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く (新潮文庫)

 
朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

前段はAmazonで新品を、後段はAmazonMPで古本を購入。

それから「合格手帳 新版 (青)」も買ったけれど、区分としては書籍っちゃあ書籍だけど一般的に書籍と見做されるかはビミョーなので省略。

相変らず「JR時刻表」は12月号から毎月購入しています。先日「東京時刻表」3月号ももとめました。

先月の購書 (2017年1月)

1~2年以内に受験すると思われる全経税法試験の入門を兼ねて2冊購入しただけでした。いずれもAmazonから。

弁護士が教える 分かりやすい「所得税法」の授業 (光文社新書)

弁護士が教える 分かりやすい「所得税法」の授業 (光文社新書)

 
  • 鈴木基史: "対話式法人税申告書作成ゼミナール〈平成23年版〉" 清文社 (2011).
    こちらはもったいない本舗から。
対話式法人税申告書作成ゼミナール〈平成23年版〉

対話式法人税申告書作成ゼミナール〈平成23年版〉

 

 1月の購書は以上。

第79回販売士2級検定試験 出願しました

御用納めが目前に迫った平成28年12月27日*1、仕事の合間に商工会議所へ寄り、第79回リテールマーケティング (販売士) 2級検定試験の受験申込みをしてきました。

北の外れの商工会議所のこと、随分と静かな空気のなか自動ドアが開くや否や窓口氏に早速一瞥され、最早たじろぎそうになってしまった私。

「すみません、検定試験の申込みだったんですけど。……販売士*2の」
「少々お待ちくださいね。……何級ですか?」
「2級です」
「掛けてお待ちください」

椅子に座って五分くらいは待ったとは思います。その間窓口氏は受験要綱やら何やらの書類をレーザプリンタで印刷し、やがて
「こちらへどうぞ~」
って呼ばれた「こちら」の案内札には「融資その他相談コーナー」と書かれていましたが気にしないことにします。

受験申込書に住所・氏名・性別・生年月日・電話番号等、そして何故か勤務先の名称と電話番号の記入欄まで設けられており、素直に記入しまして、「もう少々お待ちください」。

で、役所でよくある判子をバンバン捺す音に耳を傾けていましたら、受験票到着。

f:id:tmaruko:20170105223725j:plain

この時代に手書きの受験票とは誠に畏れ入りましたが、裏面にはしっかり領収印が捺されておりやはり正式な受験票*3

まずは滞りなく出願手続きを終えてきました。

ブログに書くのが一週間以上遅れましたがまぁ誰も気にしていないのでよしとします。はい。

*1:今更昨年の出来事を書いています。

*2:リテールマーケティングって言えないですよね。

*3:触った感じでは上質紙で110kgくらいでしょうか。