付箋紙的諸行無常

日常のあれこれの深いところまで|だいたいノンフィクションです|w80.jp

データベーススペシャリスト試験直前学習計画 ~もはや悪足掻き~

繁忙期にメンタル不調が重なるとどうもダメですね。

こりゃもうみよちゃんに頼るしかないわけですよ。そんなわけで。

当日までの学習方針

午前Ⅱ……過去問道場を繰り返し解く&みよちゃん本付録の198問をチェック

午後Ⅰ……平成30年度の過去問をまわす (解く→問題&解説熟読→テキスト読む→解く……の繰り返し)

午後Ⅱ……平成30年度の過去問をまわす (解く→問題&解説熟読→テキスト読む→解く……の繰り返し)

その他チェックリスト

  • 基礎理論
  • 正規化
  • 主キー
  • SQL (少なくとも午前2分だけは……)

関連動画

www.youtube.com

関連リンク

関連記事

 


データベーススペシャリスト試験直前 進捗報告速報 ~ここまで全部夢だった~

申込みは即行で行なったものの、その後はいろいろなことがあり、例えばメンタルの持病が悪化したりとか、仕事が繁忙期に入ったりとか、さらに症状が悪化したりとか、そんなことがありまして、WBSってか線表とかマイルストーンとか、そういう類のものって結局夢物語なんだなぁっていう感じっすな、マジパネェっす。

当初の学習方針

午前Ⅰ

免除です。

午前Ⅱ

ミスノート合格ノート作り
参考:https://qiita.com/ditflame/items/21908ef8fb2f9e35d544

qiita.com


午後Ⅰ

  • 『情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2019年版』(三好康之 著)(以下、三好本、みよ本、または、みよちゃん本)の重要箇所から過去問を解く
    →そんな余裕なかった。
  • 平成30年度の繰り返し
    →なんか違うような気がしてきた。
  • 最重要&重要問題の解説は印刷
    →とりあえずはした。

午後Ⅱ

  • 平成30年度の問1、2を繰り返す
    →まだやってませーん。

あと10日間どう過ごすか

問題はここですよ。だってもう、どうすれば効率が良いかわからないんですもん。

午後試験

まず、「平成30年度の過去問を繰り返し解く」のは午後Ⅱだけに限定させることにしました。午後Ⅰは各分野の重要問題を1問だけ集中して仕上げる、という方針にします。

午前試験

「みよちゃん本」のおまけ(Web特典)の約200問をザーーッっとやりつつ、不正解問題は付箋でマークして、それを回していくという方向でいきます。

 

参考動画

というわけで

4月21日、余裕をもって迎えるか、不安を抱えながら迎えるか。学生時代にDB専攻だったって言うのに、試験となると奮わないのが何とも自分では情けないところなのですが、あと十日間、できることだけはしっかり取り組んでいきます。(と、言っておかないと自分に発破もかけられないもんで、すみません。)

関連記事

英検準2級 合格までのコスト計算

そういえば掛かった費用を計算してみたら面白いかなぁと思って計算してみました。

ちなみに、これまでのあらすじ:

掛かった金額

品目等 金額 摘要
受験料 5,200  
2018年度 英検過去問題集 1,674
でる準パス単 英検準2級 680 580+100
英検準2級総合対策教本 450
英検準2級予想問題ドリル 新試験対応版 1,296  
交通費 0  
合計 9,300  

※印は実際にはほとんど使わなかったものです。
「でる順パス単」はメルカリの決済手数料100円が含まれて680円です(摘要欄記載)。

このほかにNew Horizonの1年生版から3年生版まで購入していますが、この先も使うことになると思うので、表には入れていません。

で、じゃあ実際に使ったものだけで計算するとどうなのよ、っていいますと、こんな感じ。

品目等 金額 摘要
受験料 5,200  
でる準パス単 英検準2級 680 580+100
英検準2級予想問題ドリル 新試験対応版 1,296  
交通費 0  
合計 7,176  

受験料5,200円を差っ引くと、1,976円と大変お安く準2級合格のための諸々を準備することができました。

それにしても、教材選びって人によるなあとか、難しいなあとか、そんな印象でした。はい。