付箋紙的諸行無常

だいたいノンフィクションです

障害者支援とは何なのか

グループホーム、施設なんて大嫌いだ』と、障害者を対象にしたそれらについて、T氏がFacebookで書いていた。入所・利用へ至る経緯は人それぞれであり、また発病・発症等の背景、そして家庭の事情まで人それぞれであるから、この問題について一概にこうだと主張する気にはあまりなれない。

コメントを覗くと自称元NPO法人理事長という人が、入居者のことを単に「利用者」と呼んだり、「それが嫌なら一人で生きろ」「他を探せ」「うちでは自分で掃除させている」等々と書かれていることに強い憤りを感ぜざるを得なかった。

障害者福祉の現場から遠く離れて一年以上が経ってしまっても、こういった話題はどうしても気にかかるのだ。

答えのない話しをしなければいけない。支援とは何なのか。思うに、それは合わせることから始まるのではないか。北杜夫『どくとるマンボウ医局記』の山梨県立精神病院のくだりで、患者と一緒に病室で寝転んでみて、様々な思いを抱いたドクトル北杜夫のことが書かれている。結局、目線を、視線を、行いを、合わせて見えるものがあり、けれども、それでもわからないものだってあるのだ。

果たして支援とは何なのか。考える「始まり」や「きっかけ」はあるが、それに終わりはなく答えもない気がするのだが如何か。

哀しいかな、障害者福祉業界は誰でも「専門家」になれてしまう。私は就労支援の現場にいたが、スタッフになれば生活支援員とか職業指導員とかの職名つく。そういう事業所である以上、そういったスタッフを置かねばならず、厚労省もこれについては「経験不問、関係する実務経験があれば望ましい」という趣旨の文書を出していたと記憶している。(ただ、多くの施設が社会福祉主事任用資格か三福祉士所持者を採用条件にしている現実はある。)

件の自称元理事長氏は「基本的に障害者は責任能力ない」と言う。きっと後見人制度と医療観察法とをごちゃ混ぜに捉えていると思う、否、そう思いたい。「奉仕は興味がない。個人的に障害者の奴隷にはなりたくない」という人が施設を運営していたという現実がある。そこまで言われると先の発言への妙な整合性があるから恐ろしい。

答えのない道を歩まなければならない。人それぞれの事情と背景があり、それは利用者も支援者も当てはまる。けれども、支援者は、藁をもすがる思いでここへやってきた人々のことを、その人々の未来を思い、人々の命を預かるくらいの気持ちで支援していかなければいけないと思うのだが、どうだろうか。

営業マン奇譚 平成29年晩夏

学生時代にお世話になった指導教員は、「Insp■re the Ne×t」とか「拝●」とかの語でわかる人にはわかるであろう企業に勤めていた。「落*穂」のエピソードも伺ったことがあり、それもあってか、今でも私のデスクマットのなかにはその絵を印刷していれてある。

昨年から私は「three love精神」R社の製品の販売店で営業をしているが、なんと取り扱っているオフィス用電話機が拝承社製品である。厳密にはその子会社の製品であるが、まあ、そう見做してもよいとは思う。

盆休み前の或る日の昼休み終了間際、お客さんから突然の電話があり、曰く「電話機ってやってる? うちの電話調子悪いんだわ~。早く変えたいんだ」と。

その電話があった2時間後には現地下見を終え、その後ゴニョゴニョゴニョの事情があり少々遅れたものの、本日、先の言のとおりほぼ即決でリースで購入頂けることが決まった。

見積書を持参して先方へ到着するまでの約五分間、恩師の顔が脳裏にうかんだ。

永年、データベースを専門に研究されてきた方である。V●●Bでは局所的及び大局的問合せ機構に関する云々をストックホルムで発表された方である。いまのH●R●Bにもその原型は残っているであろうが、さて電話機のなかはどうかしら。独りでそんなことを想像していた。

改めて商品の説明をしながら見積りを確認していただいたのち、「うん、いいんじゃない」「君に任せた」というお言葉を頂き、ご成約となった。

平成29年8月21日大安吉日午後1時半頃、まったく、感無量という言葉以外に相応しいそれが見当たらなかった。

電子辞書 (SHARP PW-AC890) を買った

諸般の事情 (笑) で英語の勉強をしてみようと思った。中学1年からほぼ毎回テストで80点以上が確実だったのに have to とか be going to とかが出始めてから English Skillがズタボロになっていった私がついに再起を決した (大げさ)。

ということで、手許には高校時代に使っていたセイコーの電子辞書や、大学時代にいやいや買ったジーニアス英和辞典があるんだけど、うちの大学は二外がなくて、ズタボロ English skillの私はドイツ語に逃げまして、って思ったら専門ゼミでは英語文献の輪読ってんで「いやいや買った」ジーニアスなんですけど、ぶっちゃけ英語で紙の辞典いる? と思いましてね。ドイツ語のようにガッチガチの格変化があれば、そりゃあ神の辞書の方が動詞の格変化表は載ってるわ、辞書に載っている例文がほぼそのままテストに出るわで良かったのですが、ぶっちゃけ英語で紙の辞典いる?

斯様な状況ゆえ余の物欲は大爆発をなし、ヤフオクでいろいろ検索していたのですが、どれもこれも「帯に短し襷に長し」。だってさ、高校生向けコンテンツいっぱいカラー液晶電子辞書が6,000円+送料だったり、英語学習者向けのガチなやつ大量搭載のモノクロ液晶のが2,000円+送料とか、ほんと、ねぇ。

というわけで困ったときは誰かにレッツ相談。知人の「うち大学時代にこれ買ったよ~。いろいろ入ってて便利やし今も使ってる!(※関西弁で脳内再生されたい)」という助言をそのままに受け容れさせていただき、同機種を検索すると、なんと、即決5,000円+送料510円という物欲が大沸騰する価格。英和・和英はジーニアスで良いとして、さらにオクスフォード英英辞典もあり、広辞苑第6版が入っていたらもうこれしかないと思い、サクッと入札、ポチッと決済した次第。

で、今日届いた。

f:id:tmaruko:20170811154845j:plain 本体色ブラックのものを。光沢があるので角度を間違えるとわしの顔が写り込む\(^o^)/

f:id:tmaruko:20170811182639j:plain 文字サイズ最大の場合。よい。

f:id:tmaruko:20170811182648j:plain 文字サイズ最小の場合。よい。

f:id:tmaruko:20170811182731j:plain 英英。

f:id:tmaruko:20170811155253j:plain ヨドバシカメラのネット通販でポチッたケースに入れた。光の加減で明るい青っぽいけど、ほんとはネイビー。

 

個人的にはフォントが往年のシャープのPDA「ザウルス」のそれと同じ(ような気がする)で、さっそく何ともいえない親しみが湧いています。えぇ。